肌タイプ別のオールインワンゲル比較方法

subpage1

オールインワンゲルはあまり肌に触れずに必要なものを取り入れることができますので優しいお手入れが行えるといわれていますが、続けても美容効果が感じられないことがあります。

確かに一般的なケアと比較すると触れる回数が少ないことで肌にかける負担が小さいのですが、負担を減らせても適切なオールインワンゲルを選ぶことができていなければそれほど高い効果は望めません。


購入する場合には肌質に合わせた比較が必要であり、その比較方法も客観的に見て正しいものでなければなりません。

もっとも多い肌質の一つに混合肌がありますが、混合肌の場合には乾燥している部分とオイリーな部分とがあります。

話題のオールインワンゲルの比較の正しい情報を手に入れましょう。

つまり、乾燥対策とオイリー対策のどちらも必要な肌質であり、少し厄介だといえます。

この場合は適切な保湿ケアを行って肌中の水分量を増やすケアを行うのがオススメです。



水分量が増えてくると自然と皮脂の分泌量も落ち着きます。また、皮脂の分泌に直接作用するような成分も効果的です。

乾燥肌の場合、バリア機能の弱っている状態ですので、刺激の少ない成分だけで作られているオールインワンゲルであることが前提となります。

その上で保湿をしっかりと行えるタイプを選ぶのですが、乾燥状態が酷い時にはそれだけでは足りませんので保水ケアも同時に行っていきます。保湿と保水の両方を行うことで肌のバリア機能は次第に強化されていき、乾燥も改善されます。


乾燥から引き起こされる様々なトラブルも減らすことができます。